Kohhei's Note

What NEONE is for Kohhei Vol.5

更新日:

第四章:『したいことが見つからないに引き続き…
「航平にとって"NEONE"とは何か?」

本編に入る前にまずは、NEONEとは何か。
"NEONE"(ネオン)とは
『NEO』と『ONE』をかけた造語で、"新たな一歩"という意味合いを持つ。
学校では教えてくれない『生きる力』を一緒に見つける場所です。

ではでは、本編へ。
第五章のはじまりはじまり

第五章:『自分探しの旅 (東海岸編)

9月26日~9月30日:ボストン
9月30日~10月3日:ニューヨーク
約1週間の東海岸での自分探しが始まりました。

計画して、自分の時間に制限をかけてたくなかったので、
無計画旅行としての自分探しの旅になりました。

到着して初日は、夕方ぐらいまで時間が空いていたため、
MAPも何も見ずに、ボストン市内をウロウロ…。
街を見歩き、気になる建物や公園などの公共施設にどんどん入っていく。
予備知識がない分、既成概念がなく、常に新しいものの発見の連続。

「あの高い建物なんだろう」「キラキラしているのなんだろ」
まるで宝物探しに出ている冒険者のように…
気付いたら地下鉄13駅分も歩いてました。笑

CIC (Cambridge Innovation Center)という中小企業・ベンチャーが集まる
ボストンの革命の中心地で、プレゼン。
日本とは少し違うよりフランクな異業種交流会にも参加。

2日目は、一緒に同行していた大人の方からのご依頼で、
思い出になるボストン観光』をコーディネートしてほしいとのことで、
現地の市内観光を計画。自分の予定を縛り付けていなかったからこそ、
現地で融通が効く。自分の持ち味であるフットワークの軽さを活かす。

3 日目・4日目
ハーバード大学・MITに訪問し、
Institute of Coachingが主催するコーチング学会に参加。
Harvard Kennedy SchoolでリーダーシップWSを受講。
学術的な学びをする中で、見聞を広めることもできました。

そして、ニューヨークへ。

5日目
到着が夕方だったため、街中をぶらり。
Times Squareに行ったり、街中のお店に入ったり、
眠らない街を体感していました。

6日目
夜とは、街の顔を変えるニューヨーク。
来る直前まで、国連総会が行われていたニューヨークは、
まだどこか街の雰囲気がピリピリしていた。国連本部を見学に…。
外からしか見れなかったが、今まで国連は本当に雲の上の存在。
机上の話だったが、何かイメージができるように。
現地を訪れることは大事だと改めて、痛感。

7日目
ニューヨーク大を訪問。
街中にあるものの、キャンパスの広さや大学の図書館の充実など、
教育へのお金のかけ方が違う。
ニューヨークで生活している日本人の方の話も聞き、
カナダとの生活の違いを痛感。カナダの方がもっとゆったりしていた。

8日目
ホテル近くの公園で写真を撮ったりと、思い出作りに。

東海岸は思い出も作りながら、今しかできないことを探す日々…
何がしたいんだろうか。考える旅は続く…

第六章:『自分探しの旅 (西海岸編)』Part 1につづく…

-Kohhei's Note

Copyright© NEONE Education , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.